アラサーの後期若者が「ミレニアル世代論」を読んでわかったこと

「最近の若者は!」というセリフは、いつの時代もあると思います。

たぶん、平安時代とか、ローマ帝国とかでもあったはず。

その若者取説本の最新バージョンが「若者わからん!」です。

筆者は、博報堂若者研究所の原田曜平さん。テレビのコメンテーターなんかでもよく見かけますね。

ねこさんは、平成初頭生まれ。御年アラサーでございます。

正直、読む前は「たくさん共感して」「上の世代に怒りを覚える」展開を期待していましたが……。

今の20歳前後と「後期若者」(あえてそういう表現を使ってみる)であるねこさんとは、だいぶ感覚が違うことがわかりました。

ビッグこねこ
ミレニアル世代は、SNS&スマホネイティブ。そこが上の世代との大きな違いなのです

SNS社会を生き延びるための若者の生態がここに

今どきの若者は「反抗はしないけど、言うことも聞かない」とのこと。

そして、チル(落ち着ているさま)を好む。

バブル世代なんかからすると、熱血さが全くない。でも、言うことを聞かない。

ロールキャベツ男子なんて言葉がありましたが、ミレニアル世代はそんなのと似ているようです。

でも、それは、SNSムラ社会を生き延びるための知恵のようなもの。自然に身についてしまった生態なのです。

本文を読んでいて「その気持ちわかるなぁ」と思わずうなずいたりしました。でも、ねこさんは、インターネット&パソコン初期世代なので、「えっ、そこまで」「大変だなぁ」と思うような記述も。

ミレニアル世代は、実はかなりポンコツ?!でも、そんな彼らと仕事をしなくてはならないのです

本書では、もちろん、昨今の「人手不足問題」にも触れられています。

なので、「めっちゃ分かりづらい今どき世代」とも仲良く、いやむしろ、媚びてでもリクルートしなければならない、とも主張されています。

いやー、オトナは大変だ(←棒読み)

スマホ世代過ぎて「パソコンスキルがなかったり」などなど、若者に対する良いイメージがいい意味で(?)覆されること請け合いです。

今どきの若者は「自分で納得しないと動かない」「プッシュ型の組織からプル型の組織への転換を」などなど。筆者と青山学院大学の駅伝チーム・原晋監督とのエピソードも具体例として参考になりますね。

そんな感じで、今の若者に対して、違和感だったり、すれ違いを感じている、そんなビジネスマンにおすすめしたい一冊です。もちろん、教育関係の人にも。

横から目線で若者を動かせ!

少しだけでも、若者わかった。になりますように。